「robot digest」の特集にて GROUNDの自律型協働ロボット『PEER』が取り上げられました

NEWS

2020/02/21MEDIA

「robot digest」の特集にて GROUNDの自律型協働ロボット『PEER』が取り上げられました

GROUNDのAMR(自律型協働ロボット)『PEER』が、2020年2月21日、産業に特化したロボット専門メディア「robot digest」の「物流向け新世代AGV(無人搬送車)」特集で取り上げられました。
記事では、2020年2月12日~14日に東京ビッグサイトで同時開催されたロボデックス展およびスマート工場EXPOにおいて、新世代のロボットに多くの注目が集まったことがレポートされ、SLAM※が搭載された自律型協働ロボットの代表としてGROUND『PEER』の詳細を解説するとともに、自社開発のAI物流ソフトウエア『DyAS』を活用して物流施設の自動化や物流工程全体の最適化を支援する内容が書かれています。

※:Simultaneous Localization and Mapping:センサーによって周囲環境を把握し、マップをつくりつつ、取得したデータをもとにロボットの自身の位置も推定する技術。

是非、以下よりご一読ください。
2020年2月21日 「robot digest」 物流が変わる! 注目浴びる新世代AGV【前編】
https://www.robot-digest.com/contents/?id=1582116361-294071<

『PEER』については、こちらをご覧ください。

AMR

『DyAS』については、こちらをご覧ください。

DyAS

◼︎ GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logisticsr®”の創造を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech®)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

■ 本件に関するお問い合わせ
GROUND株式会社
広報窓口:pr@groundinc.co.jp
URL:https://groundinc.co.jp
Facebook:https://www.facebook.com/ground.intelligent.logistics/