AMR

Robot Solution

PEER(ピア)

AMR(自律型協働ロボット)

PEERは庫内作業の「ピッキング」工程において、人と協働しながら作業支援を行う自律型のロボットです。
操作方法はシンプルで初心者にも易しく、難しいトレーニングは不要です。作業者がピッキングした商品をロボットが運んでくれるため、作業者の歩行数を大幅に低減でき、作業生産性を向上させます。また、ロボットを導入することによる大規模な工事は必要ないため、短期間での導入を実現し、既存オペレーションにダウンタイムを発生させません。

PEER
PEER PEER

通路内の作業を効率的に幅46cmのスマートなフォルム

庫内の導線を損なわない、横幅46cmのスマートなフォルム。通路内でのロボット同士のすれ違いを実現しています。ロボット同士のすれ違いができない倉庫環境では、停止しているロボットを避けるため、他のロボットは別の通路を迂回して目的地まで走行する必要があります。PEERは搬送ロボットとは異なり、あくまでも物流の生産性を高めるソリューションを追求しています。

初心者でもすぐに操作可能なタブレット画面

初心者でもすぐに操作可能なタブレット画面

初心者の方でもすぐにご使用可能な、分かりやすいタブレットUI設計。
ピッキング作業までのトレーニングの負担が大きく軽減されます。従来のようにピッカーの熟練度や個々の能力による生産性のムラもなくします。また、備え付けのスキャナーでピッキングを行うため、ピッカーは何も手に持たず、ピッキング作業に集中できます。

ロボットとの協働でより高い生産性を実現

PEERは使用したオペレーションでは、ピッキング作業者は複数のロボットと協働しながら商品のピッキングを行います。
オーダー情報を受け取ると、ロボットは自律的にその商品が置かれた場所まで移動し、待機します。作業者は待機しているロボットを見つけ次第、そのロボットの場所まで移動し、ロボットに表示される案内にしたがって対象となる商品をピッキングし、ロボットに配置したコンテナに載せるだけです。

ロボットとの協働でより高い生産性を実現
理想的な通路幅

通路幅を1,300mm以上確保いただくことで、ロボット同士の追い越し・すれ違いが可能となり、より高い生産性を見込みます。

理想的な通路幅
システムについて

サーバー設置は不要です。ネットワークに関しての導入企業様のセキュリティポリシーについてはご相談ください。

システムについて
製品仕様 ハードウェア
製品の大きさ(mm) 460(横)*443(縦)*1406(高)
製品重量(kg) 約50
最大積載重量(kg) 約45
最速 約1.2m/秒速 ※制約付き1.5m/秒
バッテリー容量 連続8時間稼働
充電時間 約2時間
最小通路幅(mm) 1,300(すれ違い時)、900(すれ違い不可)
要望事項
  • ・充電オートステーション(一次側電源:100V)を必要個数
  • ・在庫管理システム(WMS)
  • ・バスケット(通箱)
  • ・Wi-Fi環境
  • ・インターネット回線
  • ・PC、プリンター、PC用スキャナー

導⼊のメリット

1.人とロボットの共存による省人化の実現

ロボットがオペレーターに代わってピッキング対象となる商品の保管場所に先回りすることによって、少数のオペレーターが大量のピッキング作業を実現する全く新しいコンセプトの物流ロボットです。外装には曲面を多用し、軽量な設計としているため、毎日の業務に従事するオペレーターの皆さまにも安心してお使いいただくことができます。

2.スピーディな導入

従来のマテハン機器とは異なり、大規模な導入工事を必要としないため、短納期での導入が可能です。既存の環境を最大限活かしながら、物流センターの自動化を実現することができます。

3.柔軟な運用

ロボットの移設が容易なため、導入後の業務内容の変化や需要の季節波動に応じて、柔軟に稼働台数の調整を行うことができます。

4.シンプルな操作性

タブレット画面の表示に基づいて商品を棚から取り出し、ロボット備え付けのスキャナーで商品をスキャンするだけでピッキング作業が完了します。勤務経験の浅いオペレーターの方でもすぐに操作が可能で、トレーニングに要する時間や負担を軽減できます。