GROUND、 自社開発のAI物流ソフトウェア『DyAS(ディアス)』を9月28日より提供開始

NEWS

2020/09/28PRESS RELEASE

GROUND、 自社開発のAI物流ソフトウェア『DyAS(ディアス)』を9月28日より提供開始

~EC・物流分野のDXを牽引し、次世代物流の基盤構築を支援~

日本のLogiTech®※1をリードするGROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、2020年9月28日(月)より、物流施設における業務ナレッジや内部・外部データを蓄積・解析し、在庫保管効率や物流作業効率を向上させるAI※2物流ソフトウェア『DyAS(ディアス)』の提供を開始します。

『DyAS』は、物流業界に対して、従来の手法ではなく、抜本的な合理化と価値創出を実現するソフトウェアです。同ソフトウェア内の「拠点内在庫配置最適化(Dynamic Inventory Allocator)」および「リソース配分最適化(Dynamic Resource Allocator)」モジュールに使用されているアルゴリズムは、日本国内で特許を取得しています※3

GROUNDは、これまでにトラスコ中山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 哲也)および三菱倉庫株式会社(本社:東京都中央区、取締役社長:藤倉 正夫)とそれぞれ『DyAS』の共同実証実験を行い、両社の物流施設内作業の生産性向上に寄与しました。

また、現在では、日本ユニシス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:平岡 昭良)と共に、『DyAS』を基盤とした物流エコシステムの創出を目指しています。

『DyAS』利用の流れ

Eコマース※4(以下、EC)市場の急速な成長により、この10年で世界の流通モデルは変化しました。消費者ニーズの高度化や多様化、配送短期化、人件費や運送費の高騰、物流施設管理者においては膨大な在庫管理や複数リソースの稼働管理など、流通・物流を取り巻く環境は厳しさを増し、ロボットやAIといった新しいテクノロジーやデータの活用に大きな期待が寄せられています。

また、少子高齢化の加速に伴い、2010年から2060年までの50年間における生産年齢人口の半減※5が大きな社会課題の一つとなっていること、そして新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言や外出自粛要請により、社会インフラとしてECや物流への需要が拡大し、その持続可能なあり方が問われるようになりました。 こういった背景を受け、今後、物流倉庫内の最適化に向けたニーズがさらに高まることが予想されます。

GROUNDは、テクノロジーを用いた物流改革のグローバルニーズを見据え、将来的には『DyAS』の海外展開も目指す予定です。

■ 『DyAS』の概要

<構成>

『DyAS』は、以下の3モジュールおよび可視化ツールで構成されます。

・3モジュール

①「拠点内在庫配置最適化(Dynamic Inventory Allocator)」
②「リソース配分最適化(Dynamic Resource Allocator)」
③「シナリオプランニング(Scenario Planning)」

・可視化ツール「Intelligent EYE)」

<特長>

・ 作業量を基に、限られた要員でアイドルタイム極小化しながら遅滞なく作業を完遂するための最適な要員計画を作成できます。

・ 物流センター内のレイアウトや動線ルールをデジタル化し、倉庫管理システム(Warehouse Management System)の入出庫作業指示データと組み合わせることにより、作業者の移動距離を最短化する入出庫作業指示を作成します。

・ 物流倉庫で保管されている商品の出荷傾向と、保管商品の荷姿※4・重量、そして在庫ロケーション容積や庫内レイアウトなどの物理的制約を加味し、保管効率と作業効率をバランスよく向上させます。

・ 直感的に理解しやすいUIを採用することにより、作業進捗や要員配置状況、作業量などをリアルタイムに把握することが可能となるため、倉庫内のスループットの向上や計画通りの作業遂 行を実現します。

『DyAS』を活用した入出庫作業効率化例

※1:『LogiTech』および『Intelligent Logistics』は、GROUND株式会社の登録商標または商標です。
※2: Artificial Intelligenceの略。人工知能。
※3:物流施設内の大量の商品を効率的に入庫、出庫、荷合せ、輸配送し、さらに施設内における商品の配置最適化を計算するDIAおよびDRAのアルゴリズムにおいて、GROUNDは2019年3月に日本国内における特許を取得しています
※4:電子商取引。
※5:出典 国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集」
※6:輸送時における荷物の外観を表す用語。例としては、段ボール・ドラム缶、コンテナ・紙袋・木箱などで梱包された商品の状態を指す。

■ GROUND株式会社について 

GROUNDは、“Intelligent Logistics®”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech®)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田をはじめとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

社名:                  GROUND株式会社
事業概要:          テクノロジーを活用した物流ソリューションの提供
設立:               2015年4月
所在地:              東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者:           代表取締役 宮田 啓友
資本金:           11億円(2020年7月末)
URL:               https://groundinc.co.jp

■ 本件に関するお問い合わせ
GROUND株式会社
広報窓口:     pr@groundinc.co.jp
URL:            https://groundinc.co.jp
Facebook:   https://www.facebook.com/ground.intelligent.logistics/