GROUND、 自律型協働ロボット『PEER(ピア)』を試験導入できる 『PEERアセスメントプログラム』を7月より提供開始

NEWS

2020/06/30PRESS RELEASE

GROUND、 自律型協働ロボット『PEER(ピア)』を試験導入できる 『PEERアセスメントプログラム』を7月より提供開始

日本のLogiTech®※1をリードするGROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、2020年7月1日(水)より、国内で初めてEC・物流現場で実稼働した自律型協働ロボット『PEER(ピア)』を期間限定で試験導入できる有料サービス『PEERアセスメントプログラム』を提供開始します。

■ 『PEERアセスメントプログラム』の概要

①本プログラムの用途・目的:
お客様が本格導入の意思決定を行う前に、固有の環境で『PEER』を試験的に利用し、得られる効果やオペレーションを体験・評価いただきます。

②試用期間:
2週間〜4週間 

③試用可能台数:
6台〜12台

④実施場所と環境:
お客様が有する施設・現場(ネットワークが使用できる環境)、もしくはGROUNDのR&Dセンター『playGROUND(プレイグラウンド)』

⑤本プログラムの流れ:

※上記①〜⑤は、お客様のご要望や環境により変動します。詳細はお問い合わせください。

■ GROUNDが提供する『PEER』の特長と導入メリット

① 先端のSLAM技術※2がカメラおよびLiDAR※3からの情報を融合させることにより、リアルタイムにロボット自身が位置情報を取得し、人と協働しながら作業支援を行うことが可能です。さらに、経路情報を設定することなく自律走行できるため、経路上の障害物を回避した最適な経路を選定します。

② 物流施設内の作業オペレーションやレイアウトの大幅な変更をすることなく、スピーディーな導入が可能です。

③ 直観的で簡単なタブレット操作により、作業者への教育を削減することができます。

④ ニーズや波動に合わせて、フレキシブルにPEERの台数を増減できます。

⑤ ゾーンピッキング(下図)の推奨により、ソーシャルディスタンスの確保に寄与します。

※1:『LogiTech』は、GROUND株式会社の登録商標または商標です。
※2:Simultaneous Localization and Mapping:センサーによって周囲環境を把握し、マップをつくりつつ、取得したデータをもとにロボットの自身の位置も推定する技術。
※3:光センサー技術

■ GROUND株式会社について 

GROUNDは、“Intelligent Logistics®”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech®)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田をはじめとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

社名:   GROUND株式会社
事業概要: テクノロジーを活用した物流ソリューションの提供
設立:   2015年4月
所在地:  東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者:  代表取締役 宮田 啓友
資本金:  10億円(2019年12月末)
URL:   https://groundinc.co.jp

■ 本件に関するお問い合わせ
GROUND株式会社
広報窓口:  pr@groundinc.co.jp
URL:    https://groundinc.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/ground.intelligent.logistics/