GROUND、新型汎用ピッキングハンド『mGrip(エムグリップ)』を国内初披露

NEWS

2019/05/16PRESS RELEASE

GROUND、新型汎用ピッキングハンド『mGrip(エムグリップ)』を国内初披露

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、同社が国内で販売権を有する米国Soft Robotics社(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:Carl Vause、以下「ソフト・ロボティクス」)が開発した新型汎用ピッキングハンド『mGrip(エムグリップ)』を2019年5月16日(木)〜18日(土)に石川県産業展示館で開催されるMEX金沢2019「第57回機械工業見本市金沢」にて国内初披露します。

『mGrip』の対象物をピックアップするフィンガーには、ソフト・ロボティクスが独自開発し、特許を取得している素材が採用されています。これにより、重さ、素材、形が異なる非定型な個体を人間の手のように高い精度とスピードでピッキングすることが可能です。また、稼働する環境に合わせて構成や設置場所を柔軟にカスタマイズし、導入までのダウンタイムを最小限にしてオペレーションを開始できます。米国では、EC事業者の物流、食品製造業や自動車部品工場などで既に導入、活用されています。


『mGrip』

■ 『mGrip』展示概要
展示会 :MEX金沢2019「第57回機械工業見本市金沢」
日時  :2019年5月16日(木)~18日(土) 10:00~17:00
会場  :石川県産業展示館(3・4号館)
入場料 :無料
事前登録:http://www.tekkokiden.jp/mex/
小間番号:3-017(株式会社金太様出展ブース内)

■ 『mGrip』の特長
1. 重さ、素材、形が異なる物や精度を求められるさまざまな対象物をピックアップできる
米国で特許を取得している高品質な素材で作られたフィンガーは、-10℃〜65℃の耐熱性があり、物品の重さ(2.27kgまで)、素材、形を問わずにピックアップが可能です。対象物を掴むフィンガーに採用されている素材は、最先端科学を応用し、ハーバード大学の材料科学発明によって独自開発されました。

2. ユーザーによるカスタマイズや組み立てが可能
従来、SIerなどの専門家が対応していた構想・設計・評価テストなどをユーザーが簡単に行うことができます。これにより、外部費用・人件費・製造コストなどの削減や、カスタマイズなどへの即時対応が可能です。

3. ダウンタイムを最小限にする
『mGrip』を構成する各部品はモジュール単位での供給のため、故障・不具合が発生した際などのダウンタイムを最小限に抑えられます。

■ GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech®)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

社名  :GROUND株式会社
事業概要:テクノロジーを活用した物流ソリューションの提供
設立  :2015年4月
所在地 :東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者 :代表取締役社長 宮田 啓友
資本金 :1億円(2019年3月末)
URL  :http://groundinc.co.jp

■ 本件に関するお問い合わせ
GROUND株式会社
広報窓口:pr@groundinc.co.jp
URL:http://groundinc.co.jp
Facebook:https://www.facebook.com/ground.intelligent.logistics/