SOLUTION

Solution

Solution

GROUNDが提供するソリューション

世界でも最先端の物流に特化したロボットや、独自のアルゴリズムを活用したAIソフトウェアなど、
物流施設内の作業生産性を向上させる様々なソリューションを提供しています。

Idea Solution

Intelligent Logistics®

インテリジェント・ロジスティックスの実現

GROUNDがステークホルダーへ提唱・推進するコーポレート・スローガン。「Intelligent Logistics(インテリジェント ロジスティクス)」は、世界中の先端ソリューションやテクノロジーを活用し、物流・EC業界へ常に新しい価値を創出することです。
「Intelligent Logistics」は、GROUNDメンバーのノウハウと専門性に基づくコアコンピタンスによって初めて実現できます。ロボットをはじめとするハードウェア、AIなどの先端テクノロジーを活用したソフトウェア、物流オペレーションの最適化という3つのコアコンピタンスでGROUNDはLogiTechをリードし、世界の物流を変えていきます。

SOFTWARE SOLUTION - Dynamic Allocation System (DyAS)
Software Solution

Dynamic Allocation System® (DyAS)

庫内キャッシュフロー改善ソフトウェア

DyAS は、従来型の属人的な管理業務を形式知化することで、職人的管理者がいなくてもオペレーション可能な現場の実現に貢献します。また、感覚的で経験・勘・度胸が中心の現場を定量的に把握することで、昨今の不確定要素の多いEC向けサプライチェーンにおいても、ステークホルダー間、また、それぞれの現場の管理者からスタッフまで全員が同じ認識をもち、ムリ・ムダを最小化しながら判断の早期化、業務品質の向上に寄与します。

GTP
Hardware Solution

GTP (Goods to Person) 型ロボット

Butler® 次世代型自動搬送ロボット

「Butler」は、物流センターの床面を移動するロボットが可搬式の棚の下に潜り込み、作業者の元に棚ごと商品を届けることで、センター内の省人化を実現する画期的な物流ロボットシステムです。「Butler」はロボット本体に加えて、専用の可搬式棚(MSU)、ピッキングおよび棚入れを行うワークステーション(PPS)、ロボットが自律的に充電を行うオートチャージャー(ACDS)、システム全体を制御するソフトウェア(WCS)の5点で構成されています。「Butler」導入後の物流センターでは、商品の棚入れ・ピッキング作業工程において、従来型の作業に比較して大幅な省力化を実現します。

Global Solution

Partnership

グローバル・パートナーシップ

GROUNDではコーポレート・スローガンとして掲げる「Intelligent Logistics」の実現に向け、グローバル目線でのパートナーシップを拡大させています。
パートナーシップは、ビジネス展開をサポートする「ビジネス・パートナー」に加え、物流領域におけるテクノロジーを活用した先進的な活動を共に進める「テクノロジー・パートナー」の2つで構成されています。

R&D Solution

playGROUND

R&Dセンター

2018年8月15日にオープンしたGROUNDのR&Dセンター「playGROUND」。世界中で生まれる新しいテクノロジーを物流現場にスムーズに導入するために、ロボットの性能だけではなく、机上では検証することができない問題や課題を事前に顕在化させ、ロボットソリューションの性能を最大限に引き出す物流オペレーションの開発・検証を行う施設です。