GROUNDのR&Dセンターで研究・開発を進める自律型協働ロボットを国際物流総合展2018出展の大和ハウス工業様ブースへ提供

NEWS

2018/09/05PRESS RELEASE

GROUNDのR&Dセンターで研究・開発を進める自律型協働ロボットを国際物流総合展2018出展の大和ハウス工業様ブースへ提供

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 CEO:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、同社のR&Dセンター『playGROUND』で研究・開発を進める自律型協働ロボット(Autonomous Mobile Robot、以下「AMR」)を2018年9月11日(火)〜14日(金)に東京ビッグサイトで開催される「国際物流総合展2018」における大和ハウス工業株式会社様の展示ブースへ提供します。

今回GROUNDが提供するAMRは、物流施設における作業者(人)とロボットの協働を実現する次世代型物流ロボットです。同ロボットの特長は、ロボット自身が物流施設内を自律的にマッピングすることができるため、レイアウトの大幅な変更を要することなく、スピーディーに導入が行える点です。さらに、操作方法が直感的であることから、作業者への教育を最小限に留めることができ、事業者様にとってはロボット導入に伴う負担が少ないことも利点の一つとなっています。

当日は、AMRに実際に触れていただけるよう、物流施設におけるピッキング業務体験を模したコンテンツをご用意しております。

■ GROUNDが研究・開発を進める自律型協働ロボット

国際物流総合展は、「ロジスティクスの今を知り未来に触れる」をテーマに、国内外のロジスティクスソリューションが一堂に会するアジア最大の物流・ロジスティクスの総合展示会で、今年で13回目を迎えます。

報道関係者の皆さまの当日の取材も可能です。AMRなどに関する取材を希望される方は、広報担当まで事前にご連絡ください。また、同イベントの告知にご協力いただければ幸いです。

■ 開催概要
第13回 国際物流総合展
日時  :2018年9月11日(火)~14日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
会場  :東京ビッグサイト
入場料 :3,000円(消費税込)※事前登録で無料になります。
事前登録:https://ltt2018.event-tank.com/c/htm/ex/EH40AU00.html
小間番号:東4ホール 4‐402

■ GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

社名  :GROUND株式会社
事業概要:テクノロジーを活用した物流ソリューションの提供
設立  :2015年4月
所在地 :東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者 :代表取締役 宮田 啓友
資本金 :10億円(2018年3月期)
URL  :http://groundinc.co.jp

■ 本件に関するお問い合わせ
GROUND株式会社
広報窓口:pr@groundinc.co.jp
URL: http://groundinc.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/ground.intelligent.logistics/