「ECのミカタ」にてGROUNDが自社開発するAI物流ソフトウェア『DyAS(ディアス)®』について記事が掲載されました

NEWS

2018/07/18MEDIA

「ECのミカタ」にてGROUNDが自社開発するAI物流ソフトウェア『DyAS(ディアス)®』について記事が掲載されました

GROUNDと機械工具卸売商社のトラスコ中山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 哲也)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(「NEDO」)の助成事業「AIシステム共同開発支援事業」の実証実験として、GROUNDが自社開発するAI物流ソフトウェア『Dynamic Allocation System(ダイナミック アロケーション システム)®※1(DyAS®)』を用いた「物流センター 在庫・リソース配置支援ソフトウェアの共同実証」に取り組みます。

『DyAS』および本実証実験に関する記事がEC業界メディアポータルサイト「ECのミカタ」に掲載されました。

詳細は以下をご覧ください。

2018/7/17 ECのミカタ
https://ecnomikata.com/ecnews/19445/

※1:『Dynamic Allocation System(ダイナミック アロケーション システム)®※1(DyAS)』は、GROUND株式会社の登録商標または商標です。

■ 『Dynamic Allocation System(ダイナミック アロケーション システム)®※1(DyAS)』について
GROUNDが独自に開発を進める先端テクノロジーを活用したAI物流ソフトウェア『DyAS』は、①「拠点間在庫最適化(DLA)」②「拠点内在庫配置最適化(DIA)」③リソース配分最適化(DRA)④シナリオプランニング(SP)の4つのモジュールと可視化ツール(Intelligent EYE)から構成されています。

■ GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics”の創造を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとするGROUNDメンバーは、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

■ 本件に関するお問い合わせ
GROUND株式会社
広報窓口:pr@groundinc.co.jp
URL: http://groundinc.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/ground.intelligent.logistics/