GROUND、米国Soft Robotics社が開発した画期的な物流ロボットを日本で初めてとなる提供へ向けて基本合意

NEWS

2018/04/18PRESS RELEASE

GROUND、米国Soft Robotics社が開発した画期的な物流ロボットを日本で初めてとなる提供へ向けて基本合意

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:宮田 啓友、以下「GROUND」)は、米国のロボットハンド専門企業であるSoft Robotics社(本社:米国ケンブリッジ、CEO:Carl Vause、以下「ソフト・ロボティクス」)が開発した画期的なロボティック・グリッパーを有する物流ロボットを日本国内で初めて提供する基本合意に達しましたのでお知らせします。

ソフト・ロボティクスは、2013年にハーバード大学の研究員達が中心となり創業した米国発ベンチャー企業です。同社が開発・提供するピッキングソリューション『スーパーピック(SuprePick)』はAI、クラウドコンピューティングなどの技術を応用し、非定型な個体を高い精度とスピードで処理することができます。

この度、GROUNDは、既に米国を中心に100社以上で採用されている同ロボットの日本国内の物流領域における独占販売権に関する基本合意に達しました。今後国内複数拠点において同物流ロボットの提供を開始いたします。

GROUNDは、物流業界に対してテクノロジーを用いた新しい価値を創出することを目指し、AIやロボティクスを活用した「Intelligent Logistics®(インテリジェント・ロジスティクス)※」というオリジナルコンセプトを提唱・推進しています。ソフト・ロボティクスのソリューションは、GROUNDが「Intelligent Logistics®」を実現するための重要なソリューションになると確信しています。

ソフト・ロボティクスが開発した同ソリューションの詳細については確定次第、プレスリリースなどで別途お知らせいたします。

※:「Intelligent Logistics」は、GROUND株式会社の登録商標または商標です。

■ Soft Robotics Inc.について(https://www.softroboticsinc.com/our-products/
2013年にハーバード大学ホワイトサイドリサーチグループ(Whitesides Research Group)の研究員達が中心となり創業した米国発ベンチャー企業。AI、クラウドコンピューティングおよびマテリアルサイエンスの技術を応用したピッキングソリューションの開発・提供を行う。

■ GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics”の実現を目指して、物流領域における世界の最先端テクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとする経営陣は、ロジスティクス、サプライチェーンだけでなく、データサイエンスやマーケティングにおいても豊富な経験を持ち、国内外の最新のテクノロジーに関して幅広い知識やネットワークを有しています。これらを背景に、日々高度化・複雑化する物流オペレーションに対して、需要と供給のバランスを考慮する最適なハードウェア及びソフトウェアで構成されたソリューションを提供しています。

社名:GROUND株式会社
事業概要:テクノロジーを活用した物流ソリューションの提供
設立:2015年4月
所在地:東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者:代表取締役 宮田啓友
資本金:10億円(2017年6月27日現在)
URL:http://groundinc.co.jp