GROUND、トラスコ中山と物流ロボット「Butler®(バトラー)」の国内4拠点目となる納入契約を締結

NEWS

2018/04/02PRESS RELEASE

GROUND、トラスコ中山と物流ロボット「Butler®(バトラー)」の国内4拠点目となる納入契約を締結

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:宮田啓友、以下GROUND)は、2018年3月31日(土)、物流ロボット「Butler®(バトラー)」導入の国内第4号プロジェクトとして、機械工具卸売商社大手のトラスコ中山株式会社様(以下、トラスコ中山)との間で納入に関する正式契約を締結しました。

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:宮田啓友、以下GROUND)は、2018年3月31日(土)、物流ロボット「Butler®(バトラー)」導入の国内第4号プロジェクトとして、機械工具卸売商社大手のトラスコ中山株式会社様(以下、トラスコ中山)との間で納入に関する正式契約を締結しました。
本契約に基づき、2018年10月より稼働を予定しているトラスコ中山最大の物流センターとなるプラネット埼玉(埼玉県幸手市)に対し、GROUNDは来夏までに73台の「Butler」を導入します。またGROUNDは、トラスコ中山が推進する物流機能の更なる強化に対し、今般納入契約を締結した「Butler」に代表される物流ロボットのみならず、新しいテクノロジーを活用したGROUND独自のソリューションの提供を行うことで同社事業の発展に貢献して参ります。


「Butler®」写真

Butlerは、GROUND株式会社の登録商標または商標です。

「Butler」は、物流センターの床面を移動するロボットが可搬式の棚の下に潜り込み、作業者の元に棚ごと商品を届けることで、センター内の省人化を実現する画期的な物流ロボットシステムです。「Butler」はロボット本体に加えて、専用の可搬式棚(MSU)、ピッキングおよび棚入れを行うワークステーション(PPS)、ロボットが自律的に充電を行うオートチャージャー(ACDS)、システム全体を制御するソフトウェア(WCS)の5点で構成されています。「Butler」導入後の物流センターでは、商品の棚入れ・ピッキング作業工程において、従来型の作業に比較して大幅な省力化を実現します。


「プラネット埼玉」写真(平成30年3月末撮影)

GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics”の創造を目指して、世界最先端のテクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションによって創り上げられるクラウド型物流プラットフォームの提供を行う企業です。代表の宮田を始めとする経営陣は、インターネット・Eコマース業界において豊富な経験を持ち、物流オペレーションの合理化に寄与する国内外のテクノロジーに関して幅広い知識を有しております。これらの経験・知識を背景に、複雑かつ高度な物流オペレーションの実現が求められる企業に対して、ハードウェア及びソフトウェアの両面で最適なソリューションを提供しております。

社名:   GROUND株式会社
事業概要: LogiTechによる“Intelligent Logistics”創造事業
設立:   2015年4月
所在地:  東京都江東区青海二丁目7-4 3F
代表者:  代表取締役社長 宮田啓友
資本金:  3.4億円(2016年6月30日現在)
URL:   http://groundinc.co.jp