大和ハウス工業株式会社との資本業務提携契約の締結、並びに総額10億円の第三者割当増資実施について

NEWS

2017/06/27PRESS RELEASE

大和ハウス工業株式会社との資本業務提携契約の締結、並びに総額10億円の第三者割当増資実施について

GROUND株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:宮田啓友、以下GROUND)は、2017年6月26日、住宅および商業建築のリーディングカンパニーである大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:大野直竹、以下大和ハウス工業)と資本業務提携契約の締結を行いました。また本日、大和ハウス工業を引受先とする第三者割当増資を行い、総額10億円の資金調達を実施致しました。

資本業務提携の目的
国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集2016」によれば、2010年から2060年までの50年間で生産年齢人口の半減が予測されている一方、Eコマース市場※1の拡大等により物流の取扱件数は年々増加し、物流業界では労働力不足が喫緊の課題となっています。かかる状況においてGROUNDは、今般の資本業務提携契約締結を通じて、大和ハウス工業が開発する先進的な物流施設と、大和ハウスグループ企業である株式会社フレームワークス※2の開発による「倉庫管理システム」、さらにGROUNDが提供する物流ロボット「Butler」※3並びに人工知能を活用した「物流リソース最適化ソフトウェア(DyAS/ディアス)」※4を組み合わせた次世代型物流施設「Intelligent Logistics Center(略称:ILC)」を大和ハウスグループと共同で開発し、物流施設の飛躍的な生産性向上を実現して参ります。

※1. 電子商取引市場。
※2. 2016年6月、株式会社フレームワークスはGROUNDと資本業務提携締結済み。
※3. インドのグレイオレンジ社が開発・製造。GROUNDは独占販売権を保有。
※4. DyASはDynamic Allocation Systemの略称。

GROUND株式会社について
GROUNDは、“Intelligent Logistics”の創造を目指して、世界最先端のテクノロジー(LogiTech)に基づく革新的ソリューションによって創り上げられる物流オープンプラットフォームの提供を行う企業です。“Intelligent Logistics”は、既に国内で稼働を開始した「Butler」を始めとするハードウェアと、在庫配置・物流センター内業務の最適化を実現する自社開発の「DyAS」に代表されるソフトウェアにより構成されています。代表の宮田を始めとする経営陣は、インターネット・Eコマース業界において豊富な経験を持ち、物流オペレーションの合理化に寄与する国内外のテクノロジーに関して幅広い知識を有しております。これらの経験・知識を背景に、複雑かつ高度な物流オペレーションの実現が求められる企業に対して、ハードウェア及びソフトウェアの両面で最適なソリューションを提供しております。

社名:   GROUND株式会社
事業概要: LogiTechによる“Intelligent Logistics”創造事業
設立:   2015年4月
所在地:  東京都江東区青海二丁目7-4 the SOHO 3F
代表者:  代表取締役社長 宮田啓友
資本金:  10億円(2017年6月27日現在)
URL:   http://groundinc.co.jp

大和ハウス工業株式会社について
大和ハウス工業は、1955年の創業以来、工業化建築のパイオニアとして製造施設、医療・介護施設、オフィスなどさまざまな事業用建築を手がけるとともに、これまで物流施設については累計約3,000棟以上の建築実績があります。2002年以降は、物流施設の設計・施工にとどまらず、物流最適地の提案から維持管理に至るまで、顧客の事業スキームにあわせた専用の物流施設をコーディネートする同社独自の物流プロジェクト「Dプロジェクト」を開始。不動産や金融など各分野のパートナーを組み合わせ、自社保有・ノンアセット・不動産流動化など物流不動産ソリューションを展開しています。


GROUND物流ロボット「Butler(R)」


大和ハウス工業:DPL市川